第三弾!
XPCアンバサダーの「198cmの米国人さん」にインタビューしてみた!(18/12/11公開!)


はじめに
初心者代表としてXPCWikiが運営さんに突撃する「XPC運営さんにインタビューしてみた!」も第3回。
 
今回はXPC公式アンバサダーの「198cmの米国人さん」にインタビューする機会をいただきました!
 
198cmの米国人さん(以下198cmさん)は、
そのお名前の通り海外のフィリピンで様々なご活躍されている中、XPC公式アンバサダーとしても活動なさっています!

 
ツイッターでの様々なツイートからフォローされている方も多いと思いますが、
今回は実際に「XPCを使ってこんなことをしてみたい!」といったことから、親日国フィリピンでの事業のご活躍ぶりまで色々と聞いてみたいと思います!

アンバサダーの198cmさんってどんなひと?


こんにちは、初めまして!XPCWikiのぐらたんと申します。


初めまして、こんにちは!宜しくお願いします!


本日は198cmさんのフィリピンでのご活躍とそれに至る経緯、そして仮想通貨との出会いからXPC応援に至るまで余すことなくお伺いしていきたいと思います!
 
個人的にも経済成長が華々しいフィリピンでのご活躍ぶりをたくさんお伺いさせていただくのが楽しみです!宜しくお願いします!


それは嬉しいですね!宜しくお願いします。


早速ですが、現在フィリピンでご活躍されるに至った経緯をお伺いさせて下さい。
 
お名前の通り、元々海外にお住まいだったのですか?


実は元々日本の医療福祉業界で働いていました。
心理士、社会福祉士、看護師の資格を持っていますが、知能検査や障害を持つ方々のサポート、ご家族へのカウンセリングなどを幅広く行っていました。


元々は日本にお住みだったのですね!お名前から海外生まれの方かと思っていました(一同笑)


よく言われますが、100%日本人です。ちなみに身長は198cmではないです。
いつか198cmになりたいなーと淡い期待をいだいているだけです(笑)


お仕事も専門職に携わっていらしたとはスゴイですね!


いえいえ、とんでもないです。
そのように医療に長らく携わっていたのですが、あるご縁に恵まれまして、日本で社会福祉法人を設立するプロジェクトに参加する機会をいただいたことが今に繋がっています。


日本でのご経験が今に繋がったのですね。
その社会福祉法人設立のプロジェクトでは一体どんなことをなさったのですか?


はい、それは重い障害を持つ方たちが安心して過ごせる場所をつくるプロジェクトでした。
 
私としても初めて取り組む事ばかりでしたが、様々な人たちの協力の結果、数年後に無事に設立に漕ぎ着けることが出来ました。
 
 
この大きな達成感を味わうと共にふと頭によぎったのが、「海外で孤児院を作りたい」という想いでした。
この想いがずっと頭から離れず、30歳を超えたころから「外の広い世界に飛び出したい」という気持ちがますます強くなりました。
 
そしてあるとき、
「とりあえず行動しよう。動き出さなければ何もはじまらない」
と思い立ったのです。

 
決断した後は本当に動きが早く、目的地を定めすぐに発つことにしました。
「よっしゃ、フィリピン。チケット購入ポチっ」っていう感じで、今考えたら恐ろしいほどの無計画なバカさだったと思います(笑)
 
そこから紆余曲折があり、結果的に孤児院はできなかったのですが、英語学校の設立、日本語学校の設立、そこから派生した人材派遣会社、人材紹介会社の設立へと繋がりました。本当に周りの方に助けられてここまで来ました。
 
(写真:Face to Face英語学校のみなさん)

語学学校オフィシャルHP http://www.f2fenglish.jp
後ろの建物がオシャレですねー!


日本でそんな素晴らしいプロジェクトに参加されていたなんて本当に素敵ですね!
孤児院設立のお話も本当に素晴らしいですし、一XPCファンとしてそのご活動を応援させていただきたいです。寄付金はXPCtipでも宜しいでしょうか(笑)


ありがとうございます。将来夢がかなった暁には是非ご協力お願いします(笑)


はい、その機会は是非!
 
一つお伺いしたいのですが、何気なくお話された語学学校の設立は相当に大変であったと推察致します。
ゼロから1を作り上げるのは大変な労力を費やされたと思いますが、どのようにして設立に至ることが出来たのでしょうか?


そうですね…。フィリピンに到着後は当然知り合いも一人もいないし、はじめて来た国なので土地勘もないし、ツテは全くありませんでした。
 
当時は英語も得意ではなく、というか全く話せませんでしたが、手探りで動いていました。
 
いろいろ調べていく中で、フィリピンでは現地で外国籍の人間(ここでは198cmさん)が孤児院を設立する法体制や仕組みが難しく、補助金制度なども整っていないので非常に困難な道のりということが分かりました。
まあ、それくらい最初に調べとけという話ですが(笑)
 
とは言え、何か事業をはじめなければ生活ができないので、代わりに語学学校を設立しました。
日本にいたときに一時期、医療系の小さな塾をしていたのです。その経験があったので、教育系の事業をまずはじめようと考えたわけです。


そうだったのですね!
と、またポツリと仰った語学学校の設立ですが、フィリピン政府から認可を受けるには多くの書類提出だけでなく公的機関との様々な折衝も必要かと存じますが、言葉の壁を乗り越えてどのように設立されたか、もう少し詳しくお伺いしても宜しいでしょうか?


はい。まず言葉だけは何とかしないといけないと思い、約3ヶ月英語の勉強をしました。一日16時間くらい勉強して、3ヶ月である程度話せるようになりました。
 
多少なりとも話せるようになったら、現地の人たちとどんどん友達になっていったんですね。そしてレストランの店長にフィリピンのビジネス制度について聞いたり、不動産仲介のおばちゃんに家の借り方を聞いたりして情報収集をしていきました。
 
また英語の勉強時にお世話になった先生が私の夢を知って様々な人を紹介してくれました。その中で、英語学校でアドミンをしていた人や、経理に強い人、法律に詳しい人などたくさん知り合いができました。
 
フィリピンの人たちって、突拍子もないような夢を語ったときでも誰もバカにしないんですよね。「お前の夢を応援する」「神様にお祈りするよ」そんな前向きな励ましがたくさんあって、本当にいい国民性だなと感じましたね。


私がお話を伺っている中でも、198cmさんのお人柄が周りの方に伝わっているからこそだと感じ入ります。


基本的にフィリピンで出会った人はとても優しい人が多かったです。何もわからなかった自分に様々なことを教えてくれました。こういった出会いがなければ今の自分はないと思っていますね。
常々私は「大切なのは縁と情」と言っていますが、こういう経験があったからです。
 
そして最終的にフィリピンのタガイタイという場所で学校をオープンさせて日本人の留学生を受け入れはじめました。
 
(写真:語学学校の生徒さんと先生)


開校後は、日本人の生徒さんの語学入学を受け入れるに連れて生徒さんたちの中から「フィリピンで就職したい」という声をいただくことが多くなってきました。
 
フィリピンに住んでみると分かるのですが、ココが合う人には本当にすごく居心地がいいんですね。貧しくても明るく、明日の心配をするより今日を楽しむという国民性。そういった彼らに魅了され、フィリピンで働きたい人が増えてきました。
 
私自身、留学生が英語を学んだ後はそれを活かせる出口をつくってあげたいと思っていたので、就職紹介はぜひともサポートしたかったのです。そして早速人材紹介会社を設立して「日本人の方がフィリピンで就職するサポート」を始めました。
 
すると今度は現地の方たちからも「就職を紹介してほしい」という声が上がってきたので、次はフィリピン人を対象にした人材派遣会社も設立しました。同時に「日本に行きたい」というフィリピン人たちもたくさんいたので、日本語教育のライセンスも取得したわけです。
今は、この「フィリピン人が日本で働く」ことをサポートする事業にかなり力を割いています。


ありがとうございます!
198amさんの学校で語学留学をされた日本人の方の現地でのご活躍と、日本語を勉強されたフィリピンの方の続報がとても楽しみになってきました。



▲TOPへ戻る

198cmさんと仮想通貨(XPC)との出会い


すでに楽しいお話をいただきましたが、もう一つの本題です!
198cmさんはどのようにして仮想通貨に出会われたのでしょうか?


はい、仮想通貨を本格的に見始めたのが2017年の春頃でした。
 
リップルが3円⇒7円などすごい動きをしているときでした。そこからちょこちょこ買っては売り、また別のコインを買っては売り…ということを繰り返していたのですが、当時はフィリピン株の方がメインだったので仮想通貨は少額しか買っていませんでした。あのとき全力で買っていれば…(一同笑)


そうだったのですね!
リップル暴騰は大きなニュースにもなりましたし、XPの昨年末のお祭り感もすごかったですよね。


はい。2017年11月頃、ある人から「XPというコインがあるよ!」と教えて貰い、その人のDiscordを見せてもらいました。まだ1000人くらいのコミュニティでしたが、みんなチャットで盛り上がっていて、自分も入ってみようと思ったわけです。
当初は本家(英語版)のDiscordに書き込みをしていることが多かったですね。
 
そして自分でも実際にXPを購入したのですが、そうこうしているうちにXPがどんどん高騰し、2017年の年末は本当にびっくりしましたね。我が家でうちの会社のスタッフたちと「笑ってはいけない」を一緒に見ていたのですが、信じられないくらい値段が上がっていくので「こんなん笑ってまうやん。絶対笑うやん」って感じで「わっしょい、わっしょい」とDiscordに書き込みしていたのは覚えています。はい、もちろん利確はほとんどしていないです(笑)
 
(XP応援時代の現地モデルさん)


実は私もわっしょいしていて利確はほとんどしていません。失敗しましたね(笑)
その頃のお仕事はどのようなことをなさっていたのですか?


実はこのXPのコミュニティに入る前から、僕の語学学校は「仮想通貨決済」を受け入れていました。2017年の中頃から受け入れていたので、間違いなくフィリピンでどこよりもはやく仮想通貨決済を受け入れた学校だと思います(というか、今でもうちしかないような気がします笑)
 
でもそれは、流行りとかそういった問題ではなく、純粋に国際送金のトラブルが多すぎたので利便性から仮想通貨を取り入れていたわけです。
たとえばブラジルやメキシコ、スロバキアなどちょっと変わった国から留学生が来る時は、授業料の送金において数多くの銀行を経由してきます。手数料ももちろん高くなりますが、送金トラブルがあったときに一つ一つの銀行とやり取りをして解決するのが本当に手間だったのです。
 
そういった「仮想通貨との縁」があったので、XPのコミュニティに入ってからすぐに、「XP決済もOKにしよう」と決めました。XPの理念はうちの会社の理念と非常によく似ていたからなんですね。


うちの会社の社是(モットー)は「外の世界に一歩踏み出す」ということです。
 
これは物理的にもそうですが、心理的にもどんどん新しいことにチャレンジしていこうという意味がこめられています。大切なのは成功や失敗といった結果よりも、チャレンジしたことによって得られる経験値だと僕は思っています。もちろん成功するにこしたことはないですが、たとえ失敗してもそれは経験値につながるわけです。
 
そういった意味で「経験値」を意味する仮想通貨XPで留学を受け入れたい、と本家のメンバーたちに相談していました。そしてその結果、XP決済を認めると言ってもらえました


なるほど、決済導入にはそのような経緯があったのですね。
その時分ですとCafeエンポリオさんとほぼ同時ですね!


はい。その頃、XPの聖地 東京目黒のエンポリオカフェさんが先にXP決済OKという発表をしましたが、そこから2日遅れでうちの学校も「XP決済OK」と発表したのでほぼ同時期と言えると思います。
 
当時、XP決済にしたら「留学費用を10%オフ」にする特典をつけたんですね。
留学費用ってかなり高価なので、その10%オフはすごくインパクトがありました。


なのでそれまでXPのことを知らなかった人たちがたくさん「XPで支払います」と言ってきて、僕が買い方を教えてあげたりしていました。もともと留学が決まっていた人たちも「XPで払っていいですか?」と聞いてきたりして、本当にたくさんの人がXPで留学費用を払いました。そして・・・その後大暴落し、僕は死にました(笑)
 
それはもう済んだことなのですけども、仮想通貨決済を受け入れている会社やお店は少なからずそういった覚悟をしているわけです。特に草コインを決済で受け入れているところは、反対に大暴騰していたら今頃億万長者なわけですから(笑)なのでそこは自己責任ですよね。
 
(当時のFace to Face English SchoolのXP払い10%オフ特典告知書)

XP払いで受け付けた入学費用のグッドな運用方法も後で出てきます!


仮想通貨決済導入店舗の方々は本当にそういった覚悟をなさっていますよね。XPCではJP運営さんが通貨運営の一員に加わりますから同様の事態にはならないと思っていますし、私も個人的にJP運営さんを応援しています。
 
198cmさんがXPC運営さんと関わるようになったのはどのような経緯からでしょうか?


あるとき、XP本家の方からフィリピンのDiscord管理者としてグループメンバーにならないか?と打診がきました。
けれども本業が多忙だったので、申し訳ないですがお断りさせていただいていたんですね。引き受けても責任をもてないし、自分の仕事のスケジュールから見ておそらくきちんと管理はできないと思ったからです。
 
XPCという新通貨が立ち上がるという公式発表を聞いたのはその直後でした。XPという通貨はPoS率が極めて高く、また通貨のビットコインコアバージョンが古かったり、いろいろと問題点があるということはすでに指摘されていました。また、海外の本家が主導で進めていたプロジェクトだったため、日本サイドになかなか情報が降りて来なかったり、幾つかの点で少し難しさを感じつつあった時期でもありました。
 
そんなときXPのコミュニティを通じて知り合ったYamiさんが(現XPCグローバルマーケティングリーダー)やピスタチオ古谷さん(現XPCのモンゴル公式アンバサダー)などとたくさん話をする機会をいただき、最終的に自分も新しく立ち上がるXPCのコミュニティーに入りたいと思いました。
もちろんこれまで応援していたXPも継続して応援していますが、自分の軸はXPCコミュニティーにおくことを決めました。
 
それからしばらくしてXPCアンバサダーのお話もいただきましたが、これはXP時代に要請されたような「管理」ということではなく、僕自身の本業のことなども考慮していただいた上で「自由にXPCをフィリピンで広めていただく役目です」と言っていただけたので喜んでお引き受けしました。

 
 
(XPCチームフィリピン。198cmさんの人材紹介会社に属する人気モデルさんたち。現地TVCMや人気番組出演のモデルさんも多数所属中!)

人材紹介会社オフィシャルHPはコチラから↓↓
http://www.gensaicareer.com


ありがとうございます。
海外からXPCの魅力を伝えて下さる198cmさんを要チェックですね!


▲TOPへ戻る

XPCのこんなことに期待!


この楽しいインタビューも中盤ですが、続いてはXPCに期待することやこんなことをやってみたいな!といったことを幾つかお伺いさせてください。


はい。XPCには数多くある仮想通貨の中でXPCには通貨という価値以外の「経験を生み出すツール」としての使い道を期待しています。
 
仮想通貨は決済手段としてフィリピンでも少しずつ広まってきていますが、それよりは国際送金での手段であったり、農業分野でのレンディングサービスであったり、決済以外の使われ方が注目されています。
XPCには「経験への報酬」や「コミュニティーづくりの手段」といった素晴らしい特徴があると思っていますので、そういった使い道が広がればいいなと個人的には思っています。
 
例えばフィリピンという国での使われ方を考えた場合、環境整備(掃除)であったり、何かの慈善活動をしたらXPCを報酬としてもらえるとかいいですよね。マニラでは川の掃除をした人に仮想通貨が配布されるといった活動が実際に行われていますから。
 
他には歌や踊りの才能を持っている子たちが集うプラットフォームへの投げ銭などもいいなと思います。
フィリピンは歌やダンスの才能を持っている子がたくさんいます。まだまだ貧しい国なので「お金がかからない歌とダンスで遊んでいるうちに自然とうまくなる」という背景があるんですね。
そういった才能を持つ人たちへの投げ銭も興味ありますね。
 
日本で100円の投げ銭が、フィリピンでは一日3食分の食事代になります。日本での感覚と実際のフィリピンでの通貨価値は全く違いますから、これを活かしていけたらいいですね。

 
またフィリピンはe-sportsが盛んで、PUBGやDOTA2など有名なタイトルは現地の子どもたちはみんな知っています。世界的に強いプロチームも幾つかあり(たとえばMineskiなど)、プロゲーマーたちは非常に人気がありますね。
 
僕も幾つか見学させてもらいましたが、オンラインゲームショップが街のいたるところにあり、その中にはプロゲーマーを目指す人たちが練習するVIPルームなんかもあったり。環境はかなり整っていると思います。そういうe-sportsの分野にもXPCはぜひ絡んでほしいですね。もともと前身のXPがゲームコインで非常に有名だったのでXPCもそこを受け継いでいってほしいと思います。


なるほど!日本とフィリピンの様々な違いを活かしたアプローチは思いもよらぬ相乗効果をもたらしてくれそうですね!
オンラインゲームショップは日本ではまだまだ馴染みが薄いですが、フィリピンの優れたところを取り入れていけたら楽しいことになりそうです!


▲TOPへ戻る

XPCでこんなことをやりたい!


次に、XPCでこんなことやってみたい!などお話の出来る範囲で楽しそうなアイデアがあればお伺いしてもよろしいでしょうか?


そうですね、何よりXPC上場後に私の学校ですぐに使えるようにしたいですね!
これまでXPでの支払いを受け付けていましたが、XPCリリース後はすぐに「XPC決済可能」にします!



おぉっ!それはすごい!


英語力アップが留学の最優先事項ですが、ただそれだけで終わるのではなく、異文化を体験したり、様々な人と出会って経験値がアップしたり、そういったコンセプトがXPCとすごくマッチします。
ですので、XPCの決済導入はすぐに進めていきます。
 
もちろんXP時代と同様、XPCで留学をされる人は留学授業料10%オフでいきます。
今度は僕が死なないようにみなさん助けて下さい(一同笑)

 
あとはXPCのPoS分で何かしたいなとは思っています。XPのときもPoSで出た利益を地域の学校に寄付したり留学生の教科書代にしてあげたり、そういった活用をしていましたが、XPCでも同様のことができればいいなと思っています。
 
XPCにはABPoSという新機能もあるので、XPCでPoSをするとその一部が“自動的”に「〇〇に送られて××といった用途で使われます」みたいなことを実現できます。
ですので、留学代金としてXPC払いをされた分のPoSを有効に使っていきたいと思っています。
      
PoSの活用アイディアは無限で、留学だけではなくたとえばクリエイターさんの作品が10000XPCで売れましたとか、大阪の仮想通貨決済飲食店「とり天」で200000XPC分食べましたとか、そういった決済されたXPCのPoS分が自動的に寄付やその他の活用法につながっていくかもしれません。
 
もしくはXPのPOS分でPOS飯(POSの利益だけでごはんを食べる企画)をしているおこめさんや、XPのPOS分やチップだけで一か月間旅をした旅するXPさんや、いろんなアイディアを出しておもしろい企画をしている人たちがたくさんいるので、きっとXPCでも何かをする人が出てくると思いますね。


授業料のPoS分を地域への寄付や語学学校の生徒さんに活かすのは素晴らしい試みですね!
日本では難しい、フィリピンの税制を大いに活かした素晴らしい支援だと思います。
 
XPCでもとり天店長さんやおこめさん、XPさんといった面白いホルダーさんが出てくるのが楽しみですね。


▲TOPへ戻る

アンバサダーとしてこんなことをやってみたい!


次が最後の質問となります。
198cmさんがアンバサダーとしてやってみたいなということをお伺いさせてください。


はい。私は純粋に、まだ上場銘柄が少ないフィリピンにおいてXPCが存在感を出して注目されてほしいと思っています。
 
人材紹介業をしている仕事柄、フィリピンのモデルさんやタレントさんたちと会う機会もありますが、中にはXPCに興味を持ってくれてXPCモデルを引き受けてくれる人も数名出てきました。
 
時々ツイートしているのでご存知の方も多いと思いますが、フィリピンのモデル&ゲーマー&オタク&コスプレーヤーというフルコンボのイーンちゃんというタレントがいます。彼女はモデルとして活躍する傍ら、ゲーム大会のイメージキャラクターなんかでもよく呼ばれています。前述のMineskiというプロゲームチームのアンバサダーもしています。彼女なんかはXPCにすごく興味を持っていて、Twitch配信時にXPCのロゴを流してくれたりもしています。
 
そういった有名人たちが今後活躍することでXPCの魅力がフィリピンで広まってほしいなと思っています。僕みたいなおっさんが宣伝するより、美人モデルさんたちがしてくれた方がいいに決まってますしね(笑)

仰る通りです(笑)

XPCはビットコインやリップルのようなメジャーなコインではないですが、いわゆる草コインの中では高い知名度があると思っています。コミュニティーメンバーの数も多く、Avacusの上場投票なんかでもまだリリースされていないのに人気投票で一位になったり、やっぱりコミュニティーの強さが際立っているなと感じています。
(Avacusにすでに上場されることが決まっているので、XPCを使ってAmazonの商品をGETできることにもなります。これは嬉しい!

(でも、フィリピンにはAmazonがないんですよね…泣)
 
XPCというツールの使い方は数限りなくあると思います。決済に使ったり、報酬として使ったり、寄付や投げ銭、コミュニティーづくり、アイディア次第でなんとでもできます。XPCの本部は日本、韓国、アメリカに会社を設立しておりとても有能な運営陣がそろっていますし、世界中のアンバサダーが活躍してくれると思っています。
僕は人生の中で「経験値」というものがすごく大切だと思っているのですが、XPCを使うことで少しでも楽しくワクワクするような経験ができればいいなと願っています。
 
(Face to Face English Schoolの皆さん。雰囲気が伝わってくる写真です)


お披露目を待つXPCですが、198cmさんはXPCアンバサダーとして無償でのご活動にも関わらず様々な働きかけをしてくださっています。
198cmさんの今後のご活躍に、より一層注目したいですね!本日はどうもありがとうございました。


はい、ありがとうございました!


▲TOPへ戻る

今回のインタビューを受けて

筆者と198cmさんは以前からツイッターのフォロワー同士。
そのご活躍ぶりは日々拝見しておりましたが、直接の会話は今回が初めてとなりました。

孤児院設立の夢や語学学校の設立、生徒さんへの奨学金のケアやその根回しといった内容からお分かりの通り、その人柄が伝わるお話しぶりでした。
形容すると、優しい保健室の先生といっても良いかも知れませんね。

単身でフィリピンに乗り込み、ゼロから一を創り上げてさらにそれを積み上げるそのお姿は、同じXPCファンとして誇らしくもあり、また驚くべきことでもあります。

日本円の強さを良い意味で活かしたマーケティングやアプローチは、CEOとして国を跨いで数字と人を背負うビジネスマンとしての視野の広さを垣間見せていただけました。
IMF試算によると、フィリピンは経済成長率も人口増加率も直近四半世紀でTOP10入り。
フィリピンの今後が楽しみですね。

本当はもっともっと書かせて頂きたかったのですが、それはまた次の機会に。

XPC公開後の198cmさんに注目しましょう!それではまた!

198cmの米国人さん関連リンク
198cmさんTwitter https://twitter.com/198cmXP
語学学校オフィシャルHP http://www.f2fenglish.jp
人材紹介オフィシャルHP http://www.gensaicareer.com
関連リンク
XPC-JP公式twitter:https://twitter.com/XPChain_JAPAN
XPC-JP Discord 公式招待リンク:https://discord.gg/wNZq5vH
XPC公式サイト:https://xpchain.io/
他関連リンク
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

関連ページ

XPC公式・公認リンク集

XPC購入編

2.XPC購入(国内口座開設)

3.XPC購入(入金→購入)

国内取引所(円→仮想通貨)

国内取引所 二段階認証

海外取引所(仮想通貨→XPC)

海外取引所 二段階認証

XPC売却編

1.XPC売却の前に

2.XPC売却(XPC→他通貨)

海外取引所

3.XPC売却(他通貨→日本円)

ユーザーサポート

メンバーのみ編集できます